大杉カツ丼の 月に向かって喰え!

正統派からご当地・変わりカツ丼まで、名古屋・愛知・岐阜を中心にカツ丼を食べ歩きます。

中国料理 群鳳@蟹江で中華風カツ丼

昭和47年創業の中国料理店。担々麺が有名でメディアにも度々取り上げられています。
元ラーメンマニアですが、担々麺は積極的に食べてこなかったので、有名店ながら未訪でした。
今回も担々麺は食べず、中華風カツ丼をいただきます。

f:id:osugi_katsudon:20210925221233j:plain

丼ではなく皿での提供。中華風カツ丼ではよくあるスタイルです。
スープが付くのはさすが中華料理屋さん。

f:id:osugi_katsudon:20210925221250j:plain

カツ丼寄りの画。
餡掛けは玉子と玉ねぎと挽き肉という珍しい構成。味が濃い目で旨味が強めかな。
カツが分厚いので、レンゲでも食べやすいように一口サイズにカットしてあります。
刻み海苔と三つ葉の風味も加わって、美味しくいただけました。
他所ではなかなか無いオリジナリティ、良かったと思います。

f:id:osugi_katsudon:20210925221321j:plain

メニュー(税抜き)
中華風カツ丼 780円 他

住所:愛知県海部郡蟹江町今西2-302
電話番号:0567-95-5686
営業時間:11:00~14:00 17:00~23:00
定休日:月曜日
駐車場:有

関西地区某SAでジューシーカツ丼

このブログでは、自分が食べたカツ丼に対してネガティブな情報はなるべく書かないようにしています。
カツ丼ってラーメンと違って、不味い!というのがあまり無いんですけどね。
そんな中で、今回はあまりにも酷かったので、どこで食べたかはボンヤリさせて書かせていただきます。

NEXCO西日本管轄のサービスエリア、名古屋方面の上り線で、眺望が良い場所です。
フードコートで食べたのですが、まず、ネーミングが「ジューシーカツ丼」。そそられる名前ですよね。玉子とじかソースかの選択なので、玉子とじの方の食券を購入します。

f:id:osugi_katsudon:20211002095013j:plain

提供されたのがコレ。画像を見る限り、特に悪いと思わないでしょう。
カツを箸で持ち上げると、厚みが無いというかペラペラ極薄。まぁ仕方ないかと、カツを頬張ると肉は固くてカチカチ、ジューシーさの欠片も無い。よくぞこの内容で“ジューシー”と名乗れるよなー。メニュー名を考案した人は実食したのかな?
丼は超上げ底で、ご飯の量は物足りないし・・・

f:id:osugi_katsudon:20211002095026j:plain

ネギは乾燥しきっていてカピカピ。鮮度管理ができていないのか、粗悪な業務用袋ネギなのか。
味噌汁はインスタント丸出しで何の工夫もなし。
食べていて悲しくなりました。

f:id:osugi_katsudon:20211002095039j:plain

メニュー
ジューシーカツ丼 880円 ジューシーソースカツ丼 840円
メンチカツ丼2枚のせ 990円 他

桃屋@犬山でカツ丼

名鉄犬山駅前、ヨシヅヤの北側にある桃屋
自慢の特製味噌の味を守りたいと、女性店主が始めて55年以上だそうで、味噌田楽が人気の店です。

この店の存在を知ったのは、ハリーさんのブログを見て。いつも参考にさせていただいています。
以前訪問した開進亭と同じく、目玉カツ丼がいただけるとのこと。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
メニューにはカツ丼一種類しか無いようですので、迷わず注文します。
カウンターに座ったので、調理の様子を見させていただきました。
大判のカツは揚げてからタレを温めている鍋にくぐらせ味付けし、その鍋の中に生卵を落としてポーチドエッグにしているようです。

f:id:osugi_katsudon:20210918104232j:plain

蓋付き、味噌汁・漬物付きで提供。大判のカツがはみ出しています!

f:id:osugi_katsudon:20210918104251j:plain

丼寄りの画。
カットして向きを変えても乗り切らないぐらいの大きさ。その分、厚さは控えめです。
タレは醤油ベースでしょうか。カツにはしっかりと甘辛い味が付いていて、これが旨いんです。味付け濃い目なのでご飯もススミます。
玉子の白身の部分にもイイ味が染みていますね。途中で黄身を崩すとドロ~リ。カツにどっぷり絡め、ご飯と合わせて。これが楽しいんです。

食後にはアイスコーヒーのサービス。
カツ丼好きなら絶対に食べるべき、価値のある一杯だと思います。

f:id:osugi_katsudon:20210918104304j:plain

メニュー
カツ丼 900円 他

住所:愛知県犬山市松本町1-86
電話番号:0568-65-2161
営業時間:11:30~15:00 17:30~21:00
定休日:土曜・日曜
駐車場:3台

吉川屋どん丼@今池で特上かつ丼

今池交差点の北西角に立つ吉川屋どん丼。看板が目立つので、目にしたことが有る方も多いのでは。
この地に40年以上店を構えているそうです。
少し前までは錦通り沿いのこの場所に、しゃぶしゃぶ・すきやきを提供する本店が有ったことと、箸袋の記述に合わせて店名を吉川屋どん丼としています。

鰻ととんかつの二枚看板という珍しい業態。
かつ丼はノーマルか特上かヒレかの選択。ノーマルと特上の違いは、カツの量と吸い物が付くかどうかということで、せっかくなので特上をいただきます。

f:id:osugi_katsudon:20210918082726j:plain

グリーンピースが乗っかる、オーソドックスなお顔ですね。赤出汁ではなく吸い物なのは、鰻と共用なのでしょう。上品なお出汁です。

f:id:osugi_katsudon:20210918082741j:plain

黄身と白身が完全に混ざりきっていない状態で、半熟やや固まりかけという絶妙な火入れ加減。上品な味付けのツユがしっかり染みています。
特上だけにカツはボリューミーで、下味もしっかり。ご飯の量も多く食べ応えがありますね。
玉子とじカツ丼のお手本というか王道というか。変化球でなく直球ど真ん中の一杯。美味かった!

f:id:osugi_katsudon:20210918082802j:plain

メニュー(税別)
かつ丼 700円 特上かつ丼 950円
ひれかつ丼 1,000円 他

住所:名古屋市千種区内山3-33-12
電話番号:052-731-0976
営業時間:11:15~20:00
定休日:水曜日
駐車場:無し

和食 万松@大須で冷やしかつ丼 柚子

先月、豚料理専門店 豚都で冷しカツ丼をいただきました。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
そちらの記事でも書いた通り、大須で冷やしかつ丼が食べられるもう一軒の店が和食 万松。
出汁にこだわり、毎日直送される地元の鮮魚を中心とした料理店です。
こちらの冷やしかつ丼は夏季限定の定番ランチメニュー。何年も前から提供されていますが、平日ランチタイムのみとハードルが高く、今回が初になります。なんとか都合をつけ、夏が終わる前に間に合いました。

提供される冷しかつ丼は、柚子か梅かのチョイス。悩んだ末に柚子の方を選択。

f:id:osugi_katsudon:20210924220932j:plain

赤出汁にサラダ、漬物とプチデザートが付く豪華な内容で980円はお値打ち。+100円で食後にコーヒーをいただくこともできます。

f:id:osugi_katsudon:20210924220950j:plain

丼よりの画。
ご飯の上に少量のとろろが敷かれ、揚げたてのカツ。カツの上にポン酢ジュレで味を付け、その上からシャリシャリお出汁氷。
具はミニトマトとオクラ、素揚げの茄子と南瓜。それにポテトチップスと柚子胡椒が添えられるという構成で、スプーンでいただきます。
薄めのカツはサクサク熱々で、シャーベット状のお出汁氷は冷や冷や。熱くて冷たい、不思議な感覚。
ポン酢ジュレは味濃い目で全体を引き締め、お出汁氷は上品でいて存在感のある出汁加減。柚子胡椒を溶きながらいただくと、清涼感が増します。ポテトチップスは箸休め的な存在かな。
食べ応えのある、満足の一杯。梅の方はまた来年に。

f:id:osugi_katsudon:20210924221004j:plain

ランチメニュー
冷やしかつ丼 柚子 980円 冷やしかつ丼 梅 980円(夏季限定)

住所:名古屋市中区大須3-27-8
電話番号:052-241-2914
営業時間:11:30~LO13:15(月~金) 17:00~LO21:00
定休日:日曜日
駐車場:無し

やなぎや本店@清水でカツ丼 上

江戸時代に名古屋城下の東片端から中山道伏見宿御嵩町)までを結んでいた上街道(うわかいどう)沿いに店を構える、やなぎや本店。
先日記事にした、岩野屋(閉店)も同じく上街道沿いの店でした。
今回はちょっと確認したいことがあっての訪問です。

カツ丼は上か並の選択。赤出し付の上を注文します。

f:id:osugi_katsudon:20210916214833j:plain

赤出しの他に、ほうれん草のおひたしも付きます。
この赤出し、イイ味してるし具だくさん。美味かったなぁ。

f:id:osugi_katsudon:20210916214856j:plain

丼寄りの画。
カツの厚みは程々ですが、丼からはみ出すサイズ。
上品な甘さがあり、つゆ多めです。
具は玉ねぎと長ネギ、玉子が2個使用されていて、それぞれ火の入り具合が異なる。
一方の黄身は生に近く、崩して絡めていただくのが楽しい。
この時点で確信しました。間違いないと。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
会計時に女将さんに聞いてみました。
野並のやなぎやさんと関係がありますか?
すると、「主人の妹夫婦がやっている店なんです。こちらで修業した後に店を出したんですよ。」と。

帰宅後、箸袋を比べてみると・・・
カツ丼もそっくりでしたが、箸袋のデザインも全く同じでした。

f:id:osugi_katsudon:20210916215414j:plain

f:id:osugi_katsudon:20210916214913j:plain

メニュー
カツ丼 上 1,000円 カツ丼 並 800円
丼大盛 50円増し 他

住所:名古屋市北区清水5-24-1
電話番号:052-916-0471
営業時間:11:30~13:30 17:00~19:30
定休日:木曜日
駐車場:店舗前と店舗西向かい側

この夏、淡路島で食べた4杯

仕事で毎年のように淡路島へ行きます。
淡路島と言っても、行先は洲本市南あわじ市
この夏は南あわじ市で4杯のカツ丼を食べました。
このブログを見ている大半の人は淡路島のカツ丼に興味が無いと思うので、簡潔に済ませます。

1杯目
三代目かツ泉 三原店でダブルロースかつ丼(税別980円)
f:id:osugi_katsudon:20210917212811j:plain
淡路島を中心に飲食チェーン店を手がける資本系の店。なぜ三代目かは謎。訪問は今回が3回目です。
種類が豊富で味も肉質もそこそこ。悪くないけど、まとまりすぎていて面白みが無いのも事実。

2杯目
とんかつ&喫茶ママンでデミソースかつ丼(920円)
f:id:osugi_katsudon:20210917212839j:plain
2回目の訪問。前回はネギかつ丼を食べています。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
濃厚なデミグラスソースを想像していましたが、あっさり薄味で甘みの少ないソースでした。

3杯目
とんかつ一番で、たれかつ丼(700円)
f:id:osugi_katsudon:20210917212908j:plain
ランチメニューです。グランドメニューにカツ丼はありません。
甘辛いタレがたっぷりで、紅ショウガがよく合う味付けでした。

4杯目
やじろ兵衛で、かつ丼(750円)
f:id:osugi_katsudon:20210917212927j:plain
地元の方に人気のうどん屋
とろとろ仕上げの玉子とじは優しい味付け。美味かった。

三代目かツ泉 三原店
兵庫県南あわじ市市円行寺533-8

とんかつ&喫茶ママン
兵庫県南あわじ市福良甲1529-4

とんかつ一番
兵庫県南あわじ市市円行寺104

やじろ兵衛
兵庫県南あわじ市榎列松田733-24 クリスタルパレス1F