大杉カツ丼の 月に向かって喰え!

正統派からご当地・変わりカツ丼まで、名古屋・愛知・岐阜を中心にカツ丼を食べ歩きます。

豚と粉@上重原でタレカツ丼定食 小うどん付

国道23号知立バイパスの上重原インターから国道155号を西へ。ラの壱 知立店の有った場所で今年7月にオープンした、豚と粉(トントコ)。
ラの壱などの飲食店を展開するメイフーズが、ミシュランガイド東京2021に掲載されている「目白 旬香亭」のオーナー齋藤元志郎シェフと、大阪の人気うどん・トンカツ店「僕とうどんとカツオだし」と協業、こちらを1号店としてオープンしています。業態変更ってやつですね。
齋藤元志郎シェフ監修のトンカツとうどん・・・
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
経営は違いますが、ココと同じですよね。流行ってるのかな、齋藤元志郎シェフ。
そうそう、この場所にあったラの壱って、某ラーメン店主が独立前に働いていた店じゃなかったっけ。あれ、違ったかな。

訪問したのは土曜のランチタイム。
お得なランチメニューは平日のみなので、グランドメニューからタレカツ丼定食を小うどん付で注文します。
うどんは冷たいのと温かいのを選択できますので、温かい方で。

f:id:osugi_katsudon:20211127151523j:plain

うどんが太くでツヤツヤしています。滑らかでふんわりした舌触りとモッチリした歯ごたえ、出汁は関西風。なかなかイイんじゃないでしょうか。
自家製の冷奴はネットリした食感。

f:id:osugi_katsudon:20211127151535j:plain

そしてカツ。大き目の塊が3つ。柔らかいヒレ肉は薄っすらピンクで、衣には上品で甘辛いタレが染みています。
ふくや@御器所とはまた違った調理法だとは思いますが、方向性は同じかな。美味いですよ。
タレはご飯にもかかっていますが、キャベツに味が付くほどではないようで。これだとキャベツがちょっと邪魔になっちゃうかな。
カツもうどんも美味かったけど、1,380円はちょっと高いなぁ。平日ランチの値段ならまだ有りかな。

f:id:osugi_katsudon:20211127151548j:plain

メニュー
タレカツ丼定食 小うどん付 1,380円 お吸い物付 1,150円
味噌ロースカツ丼定食 小うどん付 1,380円 お吸い物付 1,150円
単品は-200円

ランチメニュー
タレカツ丼ランチ小うどん付 980円 お吸い物付 850円
味噌ロースカツ丼ランチ小うどん付 980円 お吸い物付 850円

住所:愛知県知立市鳥居3-3-15
電話番号:0566-91-0366
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:無休
駐車場:有

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

レストラン アンディ@土岐で洋風カツ丼定食

東海環状道岐南多治見ICを降りて駄知方面へ向かう道沿いにある、レストランアンディ。
あの大盛のり子さんも来店する、デカ盛りで有名な店なのです。

こちらでいただけるカツ丼は、和風と洋風の2種類ですが、最初から洋風を食べるつもりでの訪問です。
大盛りにするとたぶん食べきれないので、普通で。

f:id:osugi_katsudon:20211127110159j:plain

サラダはミニサイズですが、器にぎっしり詰まっていて十分な量。
まずはオレンジだけ残しておいてサラダを先にいただきます。

f:id:osugi_katsudon:20211127110214j:plain

ソースがかけられているので、洋風ということなのでしょうか。デミグラスでもない、土岐独特の『てり』でもない、甘めで濃度が高くドロリとしたオリジナルのソース。
カツは肉厚でボリュームが有り、食べ応えも美味さも◎。
その上に乗っかる目玉焼きはよく焼かれたもの。黄身は半熟を通り越して固まり気味で少し残念。やはり目玉は流れ出すくらいがイイな。
画像では分かりにくいてすが丼が大きく、普通盛りでもご飯の量がハンパ無いのです。福神漬けは箸休め的存在。
食後に残しておいたオレンジを食べようとすると、デザートとしてコーヒーゼリーが提供されました。こういうの嬉しいですよね。

現在外装工事中。12月には臨時休業も有るようですので、お出かけの際はご注意ください。

f:id:osugi_katsudon:20211127110229j:plain

メニュー
和風カツ丼定食 900円 洋風カツ丼定食 850円
カツ丼大盛 +300円 他

住所:岐阜県土岐市下石町2101
電話番号:0572-57-3812
営業時間:8:00~16:00 17:00~20:00
定休日:水曜日、火曜日は16時閉店
駐車場:有

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

ふくや@御器所でヒレのカツ丼

御器所交差点を西へ、コンパルを過ぎたところにある、ふくや。
関東圏を中心に幅広いエリアで飲食店を展開するスタイルグループが経営する店舗です。
以前は同じグループの「おばんざい家 そう吉 御器所店」でしたが業態変更でうどん・とんかつの店へ。そして10月からは昼がとんかつ、夜が和食と日本酒という営業形態になったようです。
私が訪問したのは9月ですので、当時の情報で記事にします。

訪問は夜。昼はうどんとのセットメニューもあるようですが、夜はヒレのカツ丼かタレカツ丼の二択。
デフォルトと思われる、ヒレのカツ丼を注文します。

f:id:osugi_katsudon:20211113150755j:plain

とんかつはミシュランガイド「ビブグルマン」に掲載の「旬香亭」や「ポンチ軒」を手掛けた斉藤元志郎シェフ監修とのこと。
よく分かりませんが期待できそうな触れ込み。赤出汁とポテトサラダが付きます。

f:id:osugi_katsudon:20211113150822j:plain

カツの揚げ色が白くてきれいですね。低温で時間をかけて揚げているようです。
パン粉は荒くサクサク食感で、分厚い肉は中心がピンク色。絶妙の揚げ具合でお肉も柔らか、美味くない訳がない。
玉子とじはカツとご飯の間に。トロトロの仕上がりですが、玉子の層に厚みはなく脇役に徹するといった感じ。
とにかくカツがウマい。
それにしても、タレカツ丼の方が330円も高いなんて・・・気になります!

f:id:osugi_katsudon:20211113150839j:plain

メニュー
ヒレのカツ丼 990円 タレカツ丼 1,320円

住所:名古屋市昭和区御器所通2-7-1
電話番号:052-732-8882
営業時間:11:30~LO14:00 17:00~LO4:00
定休日:無休
駐車場:提携コインP有り(ディナーは条件付)

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

戸田屋@泉3丁目で上かつ丼

地下鉄桜通線高岳駅の北東、オオカンザクラの並木道を脇に入った場所にある戸田屋。
創業は明治31年ですが、2019年1月に並木道を挟んで東側に移転、リニューアルオープン。
店は綺麗になりましたが、そば、うどん、きしめんなどの麺類と丼物を提供する昔ながらのスタイルです。

かつ丼は、デフォか上かセットのミニか。
やはり“上”という響きに惹かれます。上かつ丼を注文。

f:id:osugi_katsudon:20211105231021j:plain

“上”はカツが別皿での提供。サイズ感は異なりますが、玉屋@覚王山の大盛りと同じ方式ですね。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
大き目の皿に盛られたカツ。 ボリュームありそうです。

f:id:osugi_katsudon:20211105231034j:plain

カツ皿寄りの画。
皿が大きいのでそんなに大きく見えませんが、カツはノーマルの1.5倍。玉子の量も多いんです。
味付けは濃い目で、出汁の旨味もしっかり。
そのツユが染みたカツは厚みと柔らかさがあり、玉子はふわとろ仕上げ。
最初はごはんとカツを別々に、途中からカツと玉子とじをオンザライス。ツユも全部かけて、あっという間に完食。美味かった!

f:id:osugi_katsudon:20211105231059j:plain

メニュー
かつ丼 880円 上かつ丼 1,120円
ざるそば・ミニかつ丼セット 1,370円 他

住所:名古屋市東区泉3-30-2
電話番号:052-931-9610
営業時間:11:30~LO14:30 17:30~LO21:30
定休日:日曜、祝日の夜
駐車場:店舗横2台、提携コインP有り

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

一正亭@代官町で かつ丼

国道19号 代官町交差点を東に入り、筒井町商店街の中にある一正亭。
看板ではレストラン一正亭となっていますが、洋食・定食・丼物・中華そばまで取り揃える、食堂のような洋食店なのです。
かつ丼をいただくつもりでしたが、メニューを見ると“かつハヤシ”なるものが。
迷いに迷って、かつ丼を注文。かつハヤシはまた次回に。

f:id:osugi_katsudon:20211105231919j:plain

蓋付き、漬物付きで提供されます。
箸袋の表記は、一正亭食堂になっていますね。

f:id:osugi_katsudon:20211105231937j:plain

玉子とじではなく、目玉のせ。
全体的に色が濃く、味付けはしっかりしてそうなヴィジュアルですね。
カリッと揚がったサクサクのカツに、予想通り甘辛く濃い目に味付けされた青ネギと玉ねぎは柔らかトロトロ。
玉子は黄身がゼリー状のしっとり系。
カツ・具・玉子、それぞれがウマくて、一緒に食べるとさらにウマい。これで630円とは、頭が下がります。
かつハヤシも早く食べたいな。

f:id:osugi_katsudon:20211105231953j:plain

メニュー
かつ丼 630円 かつハヤシ 770円

住所:名古屋市東区代官町13-9
電話番号:052-935-4612
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日
駐車場:

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

東京庵本店@東別院でAセットかつ丼(桜)

山王通、東別院交差点の東側に店を構える東京庵本店。
メニューに”since 1925”と記されています。どなたかが書かれていた記事によると、1925年に東京で創業、1959年に名古屋へ移転しているのだそう。
私は社会人になってから2年半ほど豊橋に居ましたが、そちらにも東京庵ってあるんですよね。よく蕎麦を食べに行きました。
同じ人の記述によると、1884年に東京国分寺で創業、1950年に豊橋移転とのこと。いずれも非公式情報です。

豊橋がそうだったので、こちらも蕎麦がメインかと思いましたが、メニューの表記はうどん中心。そばの他は、中華そば・丼物・定食・セットもの。メニュー豊富です。
丼物は大きさと麺の組み合わせで選択肢多数。その中から、丼がレギュラーサイズで麺がミニサイズであるAセットを、かつ丼とミニざるそばのセットで注文します。

f:id:osugi_katsudon:20211016100439j:plain

やはり蕎麦は本格派。小麦粉2割・蕎麦粉8割の二八蕎麦。のど越し良く香りもイイです。

f:id:osugi_katsudon:20211016100459j:plain

かつ丼は玉子の色が美しい仕上がり。紅生姜の赤色が映えますね。
カツは厚みがあり、肉々しく噛み応えがあるタイプ。玉子とじは半熟トロトロじゅるじゅるで、甘味を抑えたイイ味付け。
蕎麦湯も提供され、満足のいく食事ができました。
食べ終えて店を出たのはまだ19時前でしたが、既に暖簾が仕舞われ準備中の札。営業時間が短いという口コミがどこかにあった通りですので、ご注意を。

f:id:osugi_katsudon:20211016100516j:plain

メニュー
かつ丼 850円 みそかつ丼 850円
Aセット(レギュラーサイズ丼とミニ麺)
ミニきしめん(松) +250円 ミニかけそば(竹) +300円
ミニ中華そば(梅) +300円 ミニざるそば(桜) +400円
Bセット(半丼とミニ麺)
ミニきしめん(松) 800円 ミニかけそば(竹) 850円
ミニ中華そば(梅) 850円 ミニざるそば(桜) 950円

住所:名古屋市中区平和1-6-2
電話番号:052-322-1831
営業時間:11:30~14:30 17:00~19:00
定休日:土日祝
駐車場:店舗前

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

すしかつ@西枇杷島でロースみそかつ丼

超幅狭ホームで有名な名鉄西枇杷島駅の北側、旧国道22号線である県道190号名古屋一宮線の高架脇に店を構える、すしかつ。
店名と看板の通り寿司・とんかつの店ですが、どちらかといえばとんかつ寄りなのでしょう。公式ページでは、みそかつが一番人気メニューとなっています。
訪問は平日夜の部。常連さんで賑わっていました。
みそかつが人気ということなので、ロースみそかつ丼を注文します。

f:id:osugi_katsudon:20211025230400j:plain

味噌汁、漬物の他にヨーグルトと乳酸菌飲料が付くという、嬉しいサービス。

f:id:osugi_katsudon:20211025230419j:plain

丼寄りの画。
細かい衣で揚げられたカツ、厚みはそれほどでもありませんが、大判で丼一面に敷き詰められています。柔らかで、脂身もウマい肉。
たっぷりの味噌ダレもイイですね。甘すぎず濃すぎず、ややサラリとした粘度。
自分以外のお客さんは全て常連さん。アウェイ感強めだなーと思っていましたが、食べ終って会計済ませ、「ごちそうさま」と言って外に出ようとすると、「おやすみなさい~」と皆さんに言ってもらえ、なんだかホッとしました(笑)
大将とママの人柄も良く、気持ち良く食事ができる店です。

f:id:osugi_katsudon:20211025230432j:plain

メニュー
ロースかつ丼 800円 ロースみそかつ丼 750円

住所:愛知県清須市西枇杷島町住吉46
電話番号:052-502-5018
営業時間:11:30~14:00 17:00~LO21:30
定休日:水曜日
駐車場:有

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ