大杉カツ丼の 月に向かって喰え!

正統派からご当地・変わりカツ丼まで、名古屋を中心に食べ歩きます。

鶴岡屋本店@大垣で かつ丼(上)大盛り

1902年(明治35年)創業の鶴岡屋本店。市内に暖簾分け店もある老舗の麺類食堂です。
名物は一風変わった、かつ丼
戦後まもない頃、デミグラスソースの味を再現しようと考案されたそうです。
そのベースとなるのは麺類食堂らしく、うどんのツユ。そこにウスターソースやケチャップ、醤油、みりんなどを加えているとのことで、デミグラスというよりはソースかつ丼の部類なんだと思います。
注文したのは、かつ丼の上を大盛りで。上にすると卵がのっかり、大盛りはカツもご飯も1.5倍です。

f:id:osugi_katsudon:20210108232425j:plain

味噌汁と漬物、ミニサラダ付き。
丼中央の玉子が輝いていますね。

f:id:osugi_katsudon:20210108232444j:plain

カツ丼アップの画像。
カツは新潟タレカツ丼のように小さめにカットされていますが、新潟よりは小さめ。
脂身が少なく柔らかいロース肉は、揚げてからソースで煮込まれていて、衣にもジュワっとソースが染み込んでいます。
濃厚で甘酸っぱい味付けはヤミツキになる美味さ。
玉子もソースで煮込んであり、崩すと黄身がドロリ。ソースたっぷりのカツをディップしたり、味の染みたご飯と絡めたりして、さらに美味し。
常連さんと思われる他のお客さん、ささみかつの注文率が高いように思いました。
じゃあ、次はささみかつ丼を!

f:id:osugi_katsudon:20210108232359j:plain

メニュー
かつ丼 850円 ミニかつ丼 580円
ひれかつ丼 960円 ミニひれかつ丼 690円
ささみかつ丼 960円 ミニささみかつ丼 690円
かつ丼全品目(上) +100円
大盛り(肉・ご飯) +270円 他

住所:岐阜県大垣市久瀬川町2-42
電話番号:0584-78-3219
営業時間:11:00~LO14:00 17:00~LO20:00
定休日:木曜日
駐車場:店舗西側

山田屋@東大手で かつ丼(ねぎ入)

名古屋市市政資料館の西側にある、山田屋。昭和5年(1930年)創業の老舗うどん店です。
写真で分かる通り、昭和の面影をそのまま残したノスタルジックな佇まい。外観だけでなく、店内の岡持ちや黒電話などからも長い歴史を重ねてきたことが分かります。

f:id:osugi_katsudon:20201223222034j:plain

以前から、トーカイノスタルジックラーメンの課題店として、中華そばを食べに行かなければと思っていたのですが、未訪のまま。
今回が初訪問となります。
かつ丼はねぎ入りかそうでないか、カレーかの選択しとなりますが、カレーはまた次回に残しておいて、ねぎ入りをいただくことにします。

f:id:osugi_katsudon:20201223222019j:plain

玉子とじ後乗せタイプです。
カツは薄目で、特別に肉質が良いという訳ではありませんが、ソウダガツオの出しが効いた割下で味付けされたフワフワ玉子とじとの相性抜群。
サクッとしたカツの食感と、ふんわり柔らかな玉子の食感のコントラストが楽しいんです。
ねぎ入りとしたことで、大き目にカットされた青ネギで旨味がUP。
甘めのツユがご飯にたっぷり染み込み、最後の一粒まで美味しくいただけました。
次回は、18代目の故中村勘三郎さんが名古屋公演にいらっしゃった際、好んで注文していたという、かつカレー丼を。
もう今すぐにでも食べたくなってきました。

メニュー
かつ丼 770円 かつカレー丼 870円
かつ丼(ねぎ入) 870円 他

住所:名古屋市東区東外堀町10
電話番号:052-951-7789
営業時間:11:00~15:00 17:00~19:00
定休日:日曜祝日
駐車場:無し

三春屋@桜山で味噌かつ丼

桜山を北へ向かい、幅広きしめんで有名な芳乃家を越えた信号を西に入った場所にある三春屋味噌カツに定評があり、地域でも人気のある店です。
自身、久しぶりの訪問となりますが、カツ丼はこれまで未食。玉子とじか味噌かの選択となりますので、迷わず味噌をチョイス。

f:id:osugi_katsudon:20201211232505j:plain

赤だし付き、蓋付きで提供されます。熱々の赤だしが美味そう。

f:id:osugi_katsudon:20201211232528j:plain

蓋を開けるとこんな感じ。カツがはみ出す盛り付けで、ボリューム感が増しますね。
食欲をそそるトロリとかけられた味噌ダレ。甘めの味付けですがクド過ぎず、ちょうどいい塩梅。
カリっと揚がったカツ、厚みはそれほどではありません。肉質もとびっきり上等、という訳でもないのですが、味噌ダレとの相性が良いのでしょう。
赤だしの味噌もちょうどいい具合で、予想通りのウマさ。
美味かったのですが、ちょっとだけ値段が高めかな。

f:id:osugi_katsudon:20201211232546j:plain

メニュー
かつ丼(赤だし付) 1,020円
味噌かつ丼(赤だし付) 1,020円

住所:名古屋市昭和区桜山町1-1
電話番号:052-841-2793
営業時間:11:00~LO13:45(土日祝LO14:00) 16:30~LO20:45
定休日:水曜日、第3火曜日
駐車場:有

洋食工房パセリ@塩釜口でポン酢かつ丼L

デカ盛りで有名な、塩釜口のパセリ。
この店を訪れるのは、2004年3月以来16年ぶりです。当時は現在の場所ではなく、島田橋の方へ向かったこの辺でした。
しかも、その時はトンカツではなくラーメンを食べています。火曜日夜のみ味匠庵として、当時のオーナーがかつて開いていた店を再現してラーメンを提供していましたが、味とかはすっかり忘れてしまいました。
現在の場所はフェィム塩釜の中。ココに来るのも久しぶりで、20年ぐらい前はCANTERBURYを扱うショップが有ったので、チョイチョイ来てたなぁ、と思い出したりします。

今回は最初からポン酢かつ丼を食べるつもりで来ているので、券売機で迷わずポン酢かつ丼を、サイズはⅬで。

f:id:osugi_katsudon:20201219120730j:plain

丼の大きさはラーメンの器ぐらいなので、かなり大き目。
そこにご飯がたっぷり盛られ、厚みも大きさもあるカツ、その上に大根おろしマウンテン。
玉屋の大盛りと比べると、カツは同じぐらいの大きさでも、ご飯はあきらかに少ないので、これなら余裕でしょ、と食べ始めます。
まずはスプーンで大根おろしを広げて平らにし、カツにたっぷり載せて。
肉がウマい。デカ盛りなので質より量と思われがちですが、肉質がイイですね。
脂身が少な目であっさりしたお肉なので、ポン酢と大根おろしでさらにさっぱりといただけます。
この組み合わせだと、ご飯に味が染みていかないので、ちょっと飽きちゃうかなぁ。
でも、最後まで美味しくいただけました。これぐらいなら余裕で完食。
この肉質なら味噌の方が合うのでしょう、きっと。次の訪問時は味噌かつ丼Lで!

f:id:osugi_katsudon:20201219120743j:plain

メニュー
卵とじかつ丼 L 1,000円 M 900円 S 800円
味噌かつ丼 L 1,000円 M 900円 S 800円
ポン酢かつ丼 L 1,000円 M 900円 S 800円
ヒレかつ丼 L 1,300円 M 1,200円 S 1,100円
親子かつ丼 L 950円 M 850円 S 750円
てりタルチキンかつ丼 L 1,000円 M 900円 S 800円
海老フライ丼 L 1,400円 M 1,300円 S 1,200円
デラックスかつ丼 L 1,500円 M 1,400円 S 1,300円(夜の部のみ)

住所:名古屋市天白区塩釜口2-1501 フェイム塩釜 1F
電話番号:052-834-9022
営業時間:11:30~13:50 17:00~21:50
定休日:土曜日
駐車場:フェイム塩釜駐車場サービス有り

寿司辰@呼続でカツ丼

旧東海道沿いにある麺類の店。創業から130年あまりという超老舗です。
旧東海道に沿って走る名鉄名古屋本線呼続駅と桜駅の間(住所は呼続だけど桜寄り)にあります。
寿司辰という店名ですが、寿司の提供は無し。その由来はよく分かっていませんが、創業当時は寿司も提供していて、戦後から麺類に特化したという話がどこかに出ていたような。
注文するのはカツ丼。丼に付く味噌汁はミニ麺に変更できるということで、ミニきしめんをチョイス。

f:id:osugi_katsudon:20201211230910j:plain

ミニきしめんの他に小鉢と漬物が付いて豪華です。

f:id:osugi_katsudon:20201211230941j:plain

玉子とじの仕上がりが絶妙ですね。綺麗なお顔です。
カリッと揚げられたカツと、ふんわりした玉子とじ。濃くて甘めの味付けがイイ感じ。
玉ねぎが入っていないので、カツと玉子の食感の違いをダイレクトに楽しめます。
きしめんは透き通るほどの薄さで、舌ざわり滑らか。ピラピラもちもちの食感と芳醇な出汁の香りが口の中に。
店の雰囲気も接客も、もちろん味も良かったと思います。

f:id:osugi_katsudon:20201211230956j:plain

メニュー
カツ丼 830円 他

住所:名古屋市南区呼続3-12-51
電話番号:052-811-2727
営業時間:11:00~14:30 17:00~20:30
定休日:水曜日
駐車場:店舗南20m先に5台

橋場食堂@上越で かつ重

この日は午後から新潟県上越市で仕事。
早めに現地入りして、狙っていた橋場食堂へ向かいます。
上越ソウルフードと言われていた、とんかつ大矢(2016年10月閉店)の名物、ソース味のかつ重と同じ味をいただけるということで、人気のお店です。
橋場食堂は、とんかつ大矢の親戚かご兄弟か(情報不確定)が経営されているとのこと。
カツ丼活動で初のシャッターです。

f:id:osugi_katsudon:20201211224850j:plain

注文したのはもちろん、かつ重。かつ重がソース味であるのに対し、かつ丼は玉子とじの普通のやつになります。

f:id:osugi_katsudon:20201211224909j:plain

かつの上にはたっぷりのソース。画像でそのツヤツヤ感は分かるかと思います。
真っ黒でドロリとしているので、さぞかし味が濃いのだろうと思いましたが、そんなことはなく、少し酸味もあって甘味が強いもの。
ロース肉は非常に柔らかでジューシー。厚みはそれほどでもありませんが、美味い肉ですね。
しんなりしたキャベツにソースが染み、その下のご飯にも染み込んで。新潟のウマい米がさらに旨味を増すんです。
どうやら、常連さんはメニューに無い「上かつ重」という注文をしている様子。次に行く機会があれば絶対「上かつ重」を!

f:id:osugi_katsudon:20201211224922j:plain

メニュー
ヒレ重 990円  かつ重 880円
かつ丼 880円  他

住所:新潟県上越市頸城区西福島173-5
電話番号:025-544-3677
営業時間:11:00~14:00 17:00~LO19:50
定休日:火曜日夜、水曜日
駐車場:有

地元・堀田で食べる① 手打めん処うるぎ瑞穂店

名古屋市瑞穂区堀田。私の地元です。
かつては、映画館が何館もあったりボウリング場があったり、商店街に活気があったりしました。今は少し寂しい感じですが、下町風情の残るいい街です。
ブラザーやパロマの本社が有り、飲食店では汐そば雫とか、町中華でブレイク中の昇福亭も堀田で頑張っています。
そんな堀田でカツ丼を食べてみよう、というシリーズの第1弾。今回は自宅から一番近い店である、うるぎ。汐そば雫のちょっと北側にあります。安くてボリューム満点、味も良い、ということで人気のある店。チョイチョイ行ってます。

f:id:osugi_katsudon:20201211234527j:plain

うるぎ瑞穂店でいただけるカツ丼は玉子とじと味噌。今回は味噌をいただきます。
丼には小さい麺が付くので、コロうどんをチョイス。

f:id:osugi_katsudon:20201211234451j:plain

蓋つきで大きめの椀で提供されます。

f:id:osugi_katsudon:20201211234510j:plain

サラリとした甘めの味噌に、キャベツと大判のカツ。衣がカリッと揚げられていて、ひだロッセ豚のロース肉もジューシー。
ロッセという文字、久々に見た気がする・・・

小うどんはオマケ的な存在ですが、量があります。
合わせてボリュームは有りますが、やや割高な感も有りますね。

メニュー
かつ丼 900円 味噌かつ丼 1,000円
合わせ重 かつ丼 1,150円 味噌かつ丼 1,250円

住所:名古屋市瑞穂区下坂町3-17
電話番号:052-883-5471
営業時間:11:15~14:10 17:30~22:00
定休日:不定
駐車場:有