大杉カツ丼の 月に向かって喰え!

正統派からご当地・変わりカツ丼まで、名古屋・愛知・岐阜を中心にカツ丼マニア・大杉カツ丼が食べ歩きます。

大浩飯店@港区入場でカツ丼

東海通の当知一丁目交差点を南下したところにある、大浩飯店。大陸系ではなく、古くから営業されている町中華のお店です。
よく見ているYouTubeチャンネルのメニュー紹介でカツ丼の文字を発見、いつかは行かねばと宿題店リストに入れていました。

店に入ると目の前にカウンター、奥にはテーブル席も有り、この日も常連さんで賑わっていました。
カツ丼一択なのでメニューを見ずに・・・と思いましたが、他の物も食べたくなりギョーザも注文します。

カウンター席から調理の様子が分かります。カツ丼はご主人担当、ギョーザはもう一人の男性が。
玉ねぎを中華鍋でサッと炒め、寸胴からスープ投入。鍋場の上にある調味料で味付け。おそらく多くのメニューのベースとなっているタレなのでしょう。
トロミをつけてから溶き卵を流し入れ、手早く絡め熱々状態でカツを乗せた丼へ。という感じ。
先にカツ丼が提供されます。

たくあんが添えられ、中華スープ付き。ベースのスープがイイ味しているのでしょう、あっさり味のスープがウマい。

丼寄りの画。全体的にボケてますね。
カツは大判のものをシッカリ目に揚げてあり、衣はやや粗目。肉の厚みは8~10ミリでカッチリした食感。
トロりとした玉子餡がウマい。かなり甘めで濃い味付けですが、サックリした玉ねぎやカツによく合うのです。
火入れ加減も抜群で、ご飯との相性もイイ。

程なくして提供されたギョーザ。小振りですが、綺麗な焼き目が付いていて、餡もウマい。
ご主人はかなりご高齢のようですが、まだまだお元気。永く続けてください。

メニュー
カツ丼 660円 ギョーザ 440円

住所:名古屋市港区入場2-1812
電話番号:052-382-1145
営業時間:11:00~14:00 17:30~20:30
定休日:月曜日・木曜日
駐車場:とりとり亭の裏に2台

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ