大杉カツ丼の 月に向かって喰え!

正統派からご当地・変わりカツ丼まで、名古屋・愛知・岐阜を中心にカツ丼を食べ歩きます。

堀川周辺でカツ丼を食べる② とんかつ知多家 金城店@城北橋で冷やしかつ丼御膳

堀川周辺でカツ丼を食べる』シリーズの第二弾は、大津通と堀川が交差する城北橋の北東側にある、とんかつ知多家 金城店。
城北橋ですが、今回は写真を撮るのを忘れましたw

明治6年~10年(1876~1877年)に犬山と名古屋をむすぶ舟運と農業用水の取水を目的に、守山区水分橋で庄内川から分岐し、矢田川の下を伏越して、名古屋城西の幅下まで開削されていた堀川につなぐ川が作られています。この川は担当した技師、黒川治愿の名前から「黒川」と呼ばれていて、城北橋はこの黒川の部分に架けられた橋ということになります。
名城公園以北、城北橋~夫婦橋の間は600本を超える見事な桜並木になっていて、その中でも城北橋からの上流の眺めは見所であると言われています。
今回は名古屋市のページを参考にさせていただきました。

さて、本題です。
7月1日から提供が始まった、1日10食限定の『冷やしかつ丼御膳』を早速いただいてきました。

キャベツ(おかわり自由)、煮物、冷製茶碗蒸しと、味変アイテムとして、胡麻・山葵・塩昆布・大葉・梅ペーストの薬味が用意されます。

丼寄りの画。
冷水で洗ってぬめりを取った白米の上に、揚げたてサクサクのロースかつが乗り、ひんやり冷たい焼きあご出汁でお茶漬け状態に。
お出汁はそこまで強くないかな。塩気も控えめで、あっさりしています。
ロースのカツはそこそこの厚みでスッと噛み切れる柔らかさ。
さらに、とろろと茄子・南瓜・オクラが添えられ、いかにも夏らしい彩り。とろろを出汁に溶かして、トゥルッといただくのもイイですね。
味変アイテムが豊富なので飽きることなく最後までいただけます。特に塩昆布がイイ仕事していたかと。
ご飯の量がちょっと少な目だったのと、出汁がキンキンには冷えていなかったのが少し残念かな。
それでも良かったと思います。暑い日にピッタリの一杯。あっさりサラリと、いかがでしょうか。

グランドメニュー
ロースかつ重(並) 1,120円 ロースかつ重(大) 1,290円
ヒレかつ重(並) 1,290円 ヒレかつ重(大) 1,450円
限定メニュー
冷やしかつ丼御膳 1,280円 他

住所:名古屋市北区金城4-2-1
電話番号:052-912-2211
営業時間:11:00~LO14:30 17:30~LO21:30
定休日:無し
駐車場:有

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ