大杉カツ丼の 月に向かって喰え!

正統派からご当地・変わりカツ丼まで、名古屋・愛知・岐阜を中心にカツ丼を食べ歩きます。

越前そば処 勝食@勝山市でカツ丼セット

この日は福井県勝山市福井県立恐竜博物館へ行ってました。
お昼は館内のレストランで・・・と思ったものの、11時の時点で1時間待ちの案内。これはダメだと、一旦外へ。(再入場できます)
いちおう下調べしておいたグリルやまだへ出向いたものの、営業していない!
ということで第2候補としていた、すぐ向かい側にある勝食へ。
以前は勝山食堂という屋号でしたが、平成15年の移転を機に愛称であった勝食(かっしょく)に改めたとのこと。
駐車台数が多くてありがたいのですが、その分店頭に並びの列ができています。
それでも回転が速いのか、程なくして着席。せっかくなので、越前そばもいただけるカツ丼セットをいただくことに。カツ丼は玉子とじ・ソース・醤油から選択が可能。
福井と言えば、福井市を中心にソースカツ丼の文化であることは有名ですが、大野市では醤油カツ丼ご当地グルメ(2010年に誕生した比較的新しい物)であることは、東海地区ではあまり知られていないでしょう。
勝山市から大野市はすぐ近くなので、此処はひとつ醤油をいただくことにします。

丼は蓋付きですが、開けられた状態での提供。なのでそのまま写真を撮っています。
ミニサラダ、味噌汁に越前そばが付くセット。値が張るだけに豪華ですね。
越前そは、おろし大根入りのツユをぶっかけていただくタイプ。

丼寄り画像。刻み海苔が多めに添えられています。
カツはおそらくソースも玉子とじも共通でしょう。福井らしく薄くて脂身のない、さっぱりした肉質で、衣サクサク。
醤油の味付けは濃くなく薄くなく、あっさりした感じ。タレがごはんにも染みて美味し。
ただ、大野市が提唱する醤油カツ丼の定義からは外れているように思いました。

こちらは相方のソースカツ丼。添え物はナシ。
こちらの方が味かハッキリしているかな。甘辛で、想像していたのと同じ味。
こちらも良かったと思います。

お客さんの大半が観光客でしょう。コロナも収まりつつあるので、休日は混み合いそうです。

メニュー
カツ丼セット 1,300円 ミニカツ丼セット 1,050円
カツ丼 900円 ミニカツ丼 650円

住所:福井県勝山市郡町1-264
電話番号:0779-88-0519
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日、火曜・日曜の夜
駐車場:店舗前と裏に20台

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ