大杉カツ丼の 月に向かって喰え!

正統派からご当地・変わりカツ丼まで、名古屋・愛知・岐阜を中心にカツ丼マニア・大杉カツ丼が食べ歩きます。

堀川周辺でカツ丼を食べる⑫ とんかつ知多家 金城店で とんかつまぶし御膳

あけましておめでとうございます。2024年もボチボチ更新していきますので、よろしくお願い致します。
今年最初の一杯は、堀川周辺でカツ丼を食べるシリーズの12回目です。

大津通が堀川を渡る橋が城北橋。堀川については前回訪問時の冒頭で少し書きましたので、そちらを。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
今回の訪問目的は、前回訪問時の限定メニューからグランドメニューへと昇格した、とんかつまぶし御膳。
そう、豚米@イオンモール名古屋茶屋店と比べてみようという訳です。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp

お櫃の大きさは豚米と同じぐらいかな。
お出汁は最初から付かず、必要な時に呼んで持ってきてもらうシステム。


まぶしのヴィジュアルは豚米とよく似ていますね。
茶碗蒸しと漬物が付き、薬味の量は豚米よりも多め。但し、一番左はキャベツの浅漬けのようなもの。


お櫃寄りの画。カツとご飯の間には錦糸玉子が。
食べ方の案内は特に無いようなので、まず一杯目はそのまま。
カツはヒレを使用していて厚みがあり柔らか。12~15ミリぐらい肉の厚み。そのまま食べてもウマいのですが、カツに味は付いていないので飽きます。
二杯目は薬味を乗せて。やはりタレ的な何かが欲しいかな。
残り半分ぐらいのところで出汁をオーダー。
しっかりと出汁感が有り、うどんツユにも似た感じなので、味変にはなるものの少し物足りない。出汁の量は1.5杯分ぐらいでしょう。
全体的にあっさり、さっぱりなのかな。価格的にも満足とは言えないような。

カツの美味しさは、知多家>たる蔵>豚米
エンタメ性は、豚米>たる蔵>知多家
ひつまぶしっぽいのは、豚米>知多家>たる蔵
コスパは、たる蔵>知多家>豚米 かな。

ランチメニュー
ロースかつ丼 850円 ヒレかつ丼 950円
グランドメニュー
ロースかつ重 1,350円 ヒレかつ重 1,510円
ひつまぶし御膳 1,680円

住所:名古屋市北区金城4-2-1
電話番号:052-912-2211
営業時間:11:00~LO14:30 17:30~LO21:30
定休日:無休
駐車場:有

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

2023年 印象に残ったカツ丼

2023年に投稿したカツ丼は昨年と同じく60杯。カツ丼マニアを名乗るには少ない杯数ですが、6日に一杯のペースでボチボチやってます。というか、この歳になるとこれでも(食べるの)けっこうキツイんです。そんな訳で、今年も少ない中から印象に残った丼を振り返ります。

まずは2023年にオープンした新店。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
玉子でとじない焼きカツ丼という新ジャンル。
あらたは全国放送(バナナマンのせっかくグルメ)で紹介されて、大人気店に。
一条蕎麦は・・・ノーコメントでお願いします。
もう一店、カツ丼じゃなく長崎のご当地グルメトルコライスがいただけるコンネ。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
実は、愛知あたりまえワールド(テレビ愛知)の取材撮影時にたまたま訪問していて、私がインタビューを受けている様子が放映されました。コンネのマスターには、トルコライスのデミグラスソースを使用したデミカツ丼をメニュー化して!とお願いしていますが、なかなか難しいようです。


今年訪問した中で閉店したのは2店舗。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
銀座ライオンLEOは別業態にリニューアルし、引き続き味噌とんオムライスがいただけるようです。
千ぐさは完全閉業。こちらも玉子とじの上にカツが乗るスタイルでした。焼きカツ丼が流行る前からずっとこうだったと思います。


ジャンル別に振り返ります。
玉子とじは伏見の浅田屋。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
この日は堀川検定関連イベント『大杉カツ丼と堀川周辺でカツ丼を食べる(堀川の見どころもちょっと!)』での訪問。サービスメニューのカツ丼ですが、絶妙な玉子の火入れ加減で、肉の質も良し。


味噌は有名店ですが、鶴舞のとん八かな。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
味噌とチーズの相性が抜群。さすがです。


ソースは高蔵寺の割烹つぐ乃家。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
濃厚ソースをどっぷり纏ったデカいカツを温泉卵に絡めて。

長野県になりますが、たけだ(伊那市)も良かった。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
なんと言っても肉が最高。絶対また食べに行きたい!


焼きカツ丼は豊田の銀鯱食堂も。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
美味しいお肉とフワトロ玉子が良かった。


大阪なので番外編としますが、エキスポシティの北新地とんかつépaisはスゴかった。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
シャトーブリアンヘレカツ丼 黒トリュフクリームソース+炙りチーズ。めちゃくちゃ贅沢な一杯でした。


そんな中で、2023年一番良かった丼は・・・

新店でも触れた『かつ丼あらた』。今年はもう、ココしかないでしょう。お肉のレベルが全然違いましたね。その分、値段は高めですが食べる価値有りですよ。

2024年もまた6日に1回ぐらいのペースで更新しますので、よろしくお願いします。

2022年の振り返りはコチラ
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

とんかつ豚米 イオンモール名古屋茶屋店で ひつまぶし御膳

昨年7月、池下にオープンした豚米。イオンモール名古屋茶屋にも店を出したかと思ったら、すぐに池下の店は別業態へリニューアルしているようです。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
そんな豚米に向かったのは、池下店訪問時はメニューに無かった、ひつまぶし御膳が目当て。
カツ丼の櫃まぶし版と言えば、たる蔵の“かつまぶし”が有名ですよね。ちなみにこの“かつまぶし”、商標登録されているんです。なので、豚米ではひつまぶし御膳としているのでしょう。
osugi-katsudon.hatenadiary.jp
たる蔵のかつまぶしとどんな違いがあるのか、確認してみます。

平日夜の訪問。18時台でしたが先客も後客も無し。平日はやっぱり厳しいんですかね。
ひつまぶし御膳のご飯は大盛・普通・少な目と選べるようで、大盛で注文します。

蓋付のお櫃で登場。うなぎの櫃まぶしでよく使われているのと同じ器で、見ての通りサイズはやや小ぶり。
薬味は山葵とネギと梅肉が少しずつ。

たる蔵のかつまぶしは大きめにカツがカットされていたのに対し、こちらはうなぎの櫃まぶしのように細かく切られています。

お櫃寄りの画。
肉はロースでしょう。カットすることを前提としているので、肉厚は薄く5ミリ程度。
食べ方のススメによると、1杯目は岩塩とわさび醤油で釜炊きご飯と共に素材の旨味を味わいながら。うすくち、甘露、昆布・椎茸と3種類の醤油が卓上に用意され、スポイト式になっているのでドバっと出すぎる心配も無し。これ、イイですね。薄いけどカツは美味い。
2杯目は薬味を乗せて出汁をかけお茶漬けで。出汁単体で味見しましたが、ちょっと出汁感というか風味が乏しい感じ。あっさりサラサラといただけますが、茶碗1.3杯分ぐらいの出汁の量でした。
3杯目は直営の渥美農場直送であるコクと旨みの濃厚卵まんげつと醤油で、とんかつ卵かけご飯。黄身は食欲をそそる濃いオレンジ色。きっと赤い餌をたくさん食べているんでしょう。これも良いアイデア
面白い趣向ですが、大盛りのご飯でお腹が膨れた感もあるかなぁ。価格分の満足感は・・・。

メニュー
豚米特製ボーノポークのロースかつ丼 1,210円
豚米特製ボーノポークのヒレかつ丼 1,210円
ひつまぶし御膳 1,870円 他

住所:名古屋市港区西茶屋2-11 イオンモール名古屋茶屋 1F
電話番号:052-398-5929
営業時間:11:00~21:00(土日は10:30~)
定休日:イオンモール名古屋茶屋に準ずる
駐車場:有

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

G-G DINER 関ヶ原で天下分け目のジャンボ・ダブル

天下分け目の関ケ原大河ドラマの影響も有って盛り上がっている地域の一つです。
この日は浅野祥雲の作品を見に行こうと久しぶりに関ケ原ウォーランドへ。
お昼のカツ丼は岐阜県最西端の店(大杉調べ)を・・・と思っていましたが、それよりも食べてみたいキニナルメニューを見つけ、G-G DINER関ケ原へ。

1971年創業の喫茶レストラン「コーヒー&ステーキ松」を娘さんが引き継ぎ、2020年7月にオープンしたG-G DINER関ケ原。創業当時の雰囲気を残し、食事メニューもそのままだとか。
G-Gは息子さんが先代をじーじと呼んでいたことから付けられたそうです。

注文するのは最初から決めていた、天下分け目のジャンボ・ダブル。
1プレート料理で、サラダ・ライスにカツが2枚。タレが2種類選べるのですが、この日はおろし和風だれ+味噌に限り数量限定で100円引きとのことで、その通りにいただきます。

ご飯は大にしてもらいました。
味噌汁も付いてきます。

カツ寄りの画。
予想してたよりも分厚いカツ。肉の厚みは12~15ミリぐらいでしょう。柔らかで肉々しさもあるウマいやつ。
おろし和風だれは、あっさりした味付けで大根おろしの風味を生かしたもの。秘伝の味噌と表記のある味噌だれは、甘味が強く濃度高めでドロリ。どちらもカリッと揚がったカツとの相性抜群ですよ。
大ご飯は2枚のカツに見合ったボリューム。しっかりと盛られていますね。
サラダも味噌汁も美味しく、けっこう腹パンに。
めちゃくちゃ良かったと思います。

メニュー
天下分け目のジャンボ・ダブル 1,680円
天下分け目の「豚カツ」 1,430円
大きな1枚「豚カツ」プレート 1,250円

住所:岐阜県不破郡関ケ原町野上1372-2
電話番号:0584-43-1006
営業時間:7:00~15:00
定休日:木曜日
駐車場:有

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

レストハウス舞子@梅坪で かつ丼(特上)

ブログを始めた当初から宿題店としていた、レストハウス舞子。やっと行ってきました。
創業は昭和47年、50年以上地元の方々に愛され続けてきた店です。

舞子と言えばかつ丼。そしてデカ盛り。
ということで舞子名物、かつ丼特上を注文します。

味噌汁と漬物付き。
上から見る画では、丼の口がちょっと大きいかな、と思う程度ですが・・・

この丼、かなりの深さ。
ご飯もぎっしり詰まってそう。

丼寄りの画。
上に乗るカツは肉の厚みが8~10ミリぐらいのもの。下味がついてしっかり揚げられています。
カツは上に乗るだけではなく、ご飯の中にもう一枚。カツだけでもけっこうなボリューム。
玉子とじの味付けは濃すぎず薄すぎず、甘すぎず辛すぎずのベストバランスでふんわり仕上げ。
美味しいカツ丼なんですが、とにかく米の量が半端なく多い。ご飯は特に大盛り等にした訳ではないので、目安と書かれた表記通りだと780gのはずですが、体感的にはもっと多かったような。
残さずいただきましたが、久々に限界を超える量でした。
次回はおとなしく温玉みそかつ丼をいただくことにします。

メニュー
かつ丼(並) 1,000円 (上) 1,400円 (特上) 1,500円
温玉みそかつ丼 1,100円 温玉みそかつW丼 1,540円
みそかつ丼(並) 1,000円 (上) 1,400円
みそマヨかつ丼(並) 1,100円 (上) 1,500円
ソースかつ丼(並) 1,000円 (上) 1,400円
ソースマヨかつ丼(並) 1,100円 (上) 1,500円
とろっとろ玉子かつ重 1,200円 いいじゃん丼(2段) 1,540円
どんぶり番長丼 3,500円

住所:愛知県豊田市梅坪町8-4-13
電話番号:0565-33-8188
営業時間:11:30~LO13:30 18:00~20:30CLOSE
定休日:月曜日、第2・4火曜日
駐車場:有

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

堀川周辺でカツ丼を食べる⑪ 平和園食堂@柳原通商店街で かつ丼+とん汁

ラーメンマニアの大先輩で元ハードロックヌードル店主のカジタさんが、堀川周辺でカツ丼を食べる。というタイトルで記事を書かかれていました。
blog.livedoor.jp
柳原通商店街の平和園食堂。ラーメンの提供が無いので、ラーメンマニア時代に訪問していなく、カツ丼マニアになってからはいつか行かなければならない店、としていたのですが、カジタさんの記事に触発されやっと行ってきました。
堀川に架かる金城橋を南下、柳原通商店街の南端に近い場所に店はあります。
30年以上価格据え置きでしたが、11/10から値上げされた様子。それでも激安です。

かつ丼と、とん汁を注文。ケース内のおかずを取って温めてもらうシステムですが、そちらは無しで。
一見さんにも優しく注文方法を説明してくれるので安心です。

カツは肉の厚みが8ミリ弱。揚げたて熱々ではありませんが、面積の大きなカツです。
今まで食べてきたカツ丼の中で一番のツユだくと言っていいぐらいの、優しいお味のツユがたっぷり。
雑炊とか茶漬けレベルのツユの多さで、玉子は半熟トロトロ。
そして玉ねぎが多い!(カジタさんもそう書いていた)
とん汁は具沢山で、これまた優しい味付け。
美味かった!

メニュー
かつ丼 550円 とん汁 120円

住所:名古屋市北区柳原4-3
電話番号:052-981-5901
営業時間:11:00~14:00
定休日:日曜日
駐車場:無し

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

いせ徳@新清州で梅かつ丼定食

名鉄名古屋本線丸ノ内駅から西、新清州駅から南へ線を引いてちょうど交わる場所あたりにある、いせ徳。
暖簾には明治創業と書かれていますので、少なくとも110年以上の歴史があるのでしょう。
地元の方々に愛されている店です。

この店、いろんな種類のカツ丼があるのです。
その中でもキニナッテいた梅かつ丼について、どんな内容なのか女将さんに聞いてみると、
「梅ペーストお大根おろしを合わせたものがカツの上に乗っていて、さっぱりしていますよ。」とのこと。
面白そうなので、梅かつ丼定食をいただきます。(壁に貼られたメニュー。単品が有るかは確認していません。)

定食ということで、小うどんとミニ奴、小鉢(切り干し大根)と漬物付き。

丼寄りの画。
カツは小さめで肉の厚みは8ミリ弱ぐらい。カリっと揚がっていて柔らかな肉質。
その上に梅のペーストと大根おろし。混ぜ合わさっているという訳ではなく、それぞれ独立した感じ。
梅はペーストだけでなく、カリカリ梅を細かく刻んだものも。食感と味の変化があって面白いですね。
刻んだ大葉と大根おろしが、さっぱり・あっさり感を演出。梅と合わさると爽やかさがプラス。
うどんはモッチリつるつるで、お出汁シッカリ。
ちょっとお肉が小さかったけど、良かったと思います。
かつ丼もキニナルなぁ。

メニュー
カツ丼 800円 カツ丼定食 1,050円
合わせカツ丼定食 1,160円 みそかつ丼定食 1,100円
かつ丼定食 1,050円 塩かつ丼定食 1,050円

住所:愛知県清須市新清洲6-5-23
電話番号:052-400-3243
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:30
定休日:木曜日
駐車場:店舗前と店舗西側

にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ