大杉カツ丼の 月に向かって喰え!

正統派からご当地・変わりカツ丼まで、名古屋を中心に食べ歩きます。

井出ちゃんぽん 名古屋店でカツ丼

佐賀県北方市に本店を構える井出ちゃんぽん。
創業者の井手精市郎氏は、大阪で丼物の修行をしていた中、第二次世界大戦のために佐賀県武雄市北方町へと疎開
昭和24年に疎開していた佐賀県武雄市北方町で、井手ちゃんぽんの最初の店舗である「千十里食堂」を創業。
二代目の井手日出男氏が昭和55年に店名を「千十里食堂」から「井手ちゃんぽん」と変更し、現在に至るそうです。
そんな井出ちゃんぽんですが、老舗あるあるというか、似たような名前の店があります。
本店系列の他に、アイズカンパニー系列とアップルゴルフ系列、伊万里ちゃんぽん系列の3つに分かれている、というのが検索で出てくるのですが、どうもちょっと違うようで。大杉調べでは、アイズカンパニー→ヒューマングループ、アップルゴルフ→九州オレンジゴルフが展開する北方井出ちゃんぽん、佐賀県伊万里市伊万里ちゃんぽんは、二代目店主のお姉さんが開業した店舗。
と、どうでも良い情報ですが、今回訪問した店が何系列なのか?を知りたかったのです。結果、よく分からないという結論ですが、店内の様子からして本店のFC店または暖簾分けなのではないかと想像します。
本州初上陸として名古屋にやってきたのは2016年末の伏見。2019年9月に閉店し、翌10月には池下店がオープン、2020年6月にこちらに移転ということで、おそらく経営者は同一なのではないかと。
外看板は名古屋東店、箸袋は名古屋本店、食べログ公式では名古屋店、どれが正式なのか分かりませんが、ここでは名古屋店としておきます。
前置きが長くなりましたが、井出ちゃんぽんの隠れた名物、カツ丼をいただきます。
福岡空港国内線ターミナルのフードコートには、カツ丼をメインに扱う井出カツ丼という店があるぐらい、カツ丼も人気が有るのです。

f:id:osugi_katsudon:20210226223622j:plain

肉厚なカツを玉子でとじるオーソドックスなスタイル。綺麗な色の仕上がりです。
カツの衣にしっかりツユが染みていて、さっくりではなくしっとり。厚みのある肉は柔らかであり、噛み応えもあり。
ツユだく状態で、ご飯にもしっかり甘くて濃い目のツユが染み込んでいます。
ボリュームも有って、なかなか良いのではないでしょうか。
まぁ、普通のお客さんはちゃんぽん食べるんでしょうけど。

f:id:osugi_katsudon:20210226223639j:plain

メニュー
カツ丼 800円 他

住所:名古屋市東区泉1-16-13
電話番号:050-5597-9074
営業時間:11:00~22:00
定休日:要確認
駐車場:無し

魚半食堂@岐阜市でカツ丼

名古屋から向かうと、鶯谷トンネルを抜けてすぐぐらいの細い路地を南へ入った住宅地の中にある魚半食堂。
大学生の頃にバイトで岐阜メモリアルセンターまでちょくちょく行っていたので、鶯谷トンネルも通っていたのですが、この店の存在を知ったのはカツ丼を意識的に食べ始めてからです。

f:id:osugi_katsudon:20210306003011j:plain

画像が暗くて分かりにくいのですが、年季の入ったノスタルジックな外観。店の中も昭和のままです。
先代が空襲からかろうじて焼け残った自宅の一階を改装して昭和20年に商売を始めたそう。
麺類・丼物・洋食と幅広いメニューはどれも安く、値段も昭和のままといった感じ。
もちろんカツ丼を注文します。

f:id:osugi_katsudon:20210306002952j:plain

ご飯の上にのるカツの上からオレンジ色のソースがたっぷりとかけられています。
先代が考案したというこのソース、ケチャップ味と一言では片づけられない、今までに経験したことがない味わい。
ケチャップのような酸味に和風出汁のような香り、デミグラスソースとはまた違う。そしてとろみがつけてある。
なんとも説明がしづらい、唯一無二のオリジナルソースなんです。
カツは薄いのですが、2枚が敷き詰められカリッとした仕上がり。ソースをたっぷり絡めていただきます。
それでもまだソースがたっぷり有るので、ご飯もソース味でいただけるのです。
クセになる味となまさにこのこと。魅力的な一杯、また食べに行きたいな。

メニュー
カツ丼 650円 他

住所:岐阜県岐阜市初音町13
電話番号:058-262-8562
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:00
定休日:日曜日
駐車場:1台

カドヤ食堂@瑞穂区汐路町でカツ丼

名古屋市立大学病院の南側に店を構えるカドヤ食堂。
地元の方や名市大の学生に人気の、メニュー豊富な大衆食堂です。
以前の訪問ではカツラーメンをいただきました。

blog.livedoor.jp

この一年後にも食べに行っていますが、またまたカツラーメン。
2回の訪問時、どちらも隣の席で大学生が食べていたカツ丼がずっとキニナッテいたのです。
7年ちょいぶりの訪問で念願のカツ丼をいただきます。

f:id:osugi_katsudon:20210226222106j:plain

画像を見て分かるかと思いますが、玉子とじ後かけでトロトロの火入れ加減。デフォでスプーンが添えられるのも分かります。
甘くて優しい味の玉子とじに、カリッと揚がった厚めのロースカツ。
これが美味くない訳がない!
夢中で掻き込みあっと言う間に完食。オススメの一杯です。

f:id:osugi_katsudon:20210226222121j:plain

メニュー
カツ丼 750円 他

住所:名古屋市瑞穂区汐路町1-40
電話番号:052-841-7068
営業時間:11:00~14:00 17:00~19:00
定休日:土日祝日
駐車場:無し

柳屋@野並でカツ丼上

麺類・丼物・洋食・定食を提供する、野並の柳屋。
少し前にTwitterで情報を入手したので、行ってきました。
カツ丼は上と並があるのですが、上が人気ということで、そちらをいただきます。

f:id:osugi_katsudon:20210226224320j:plain

迫力あるヴィジュアルですね。
上になると、玉子を2個使用するのです。しかも、それぞれ火の入り具合が異なるという手の込みよう。
1個はふんわり仕上げ、もう1個は生に近い状態。味付けは甘め。
カツは薄くて特別肉質が良いという訳ではありませんが、玉子の存在が圧倒的で、カツから主役を奪っているのです。
とじ玉子とカツを一緒に食べるも良し、黄身を崩してどっぷり絡めて食べるも良し。
リッチな気分になる一杯、めちゃくちゃ美味かった!

f:id:osugi_katsudon:20210226224333j:plain

メニュー
カツ丼上 830円 カツ丼並 680円

住所:名古屋市天白区井の森町197
電話番号:052-895-4040
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:00
定休日:日曜日
駐車場:店舗北側

カミナリ飯店@名駅で中華風カツ丼

少し前に中京テレビ『前略、大とくさん』で紹介されていたカミナリ飯店。
外食事業を手掛ける、株式会社オー・エム・フードサービスが運営する店舗のようです。
番組では、テイクアウトできる中華グルメとして、カミナリ飯と中華風カツ丼が取り上げられていました。
カミナリ飯はカツ以外にも色々乗っかる、映えるヴィジュアルですが、いただくのはシンプルな中華風カツ丼です。

f:id:osugi_katsudon:20210226232959j:plain

丼というよりは、サラダを盛り付けるぐらいの器で提供です。それにしても、潔いシンプルさ。
具はネギのみで、餡掛けの玉子は卵白のみ。卵黄は他のメニューで使用するのでしょう。
なるほど、味はよくできています。濃すぎず、薄すぎず。
カツは特別なものではなく、業務的な厚みと形状ですが、悪くはないですね。
ボリュームは無いけど、そこそこイイ味しているかと。
でも、これで825円はちょっと高いよなー。チャーシューとか唐揚げが乗っかるカミナリ飯の方がまだお得感はあるかも。

f:id:osugi_katsudon:20210226233015j:plain

メニュー(税別)
中華風カツ丼 750円 カミナリ飯 880円

住所:名古屋市中村区名駅4-4-19
電話番号:052-414-6005
営業時間:11:30~AM0:00
定休日:無休

喜楽@小本でカツ丼

烏森駅を南に下ってきた辺りにある中華料理の店、喜楽。
一品料理や麺類がメニューの幅を占めていて、外看板にはベトコンラーメンという表記もありますが、人気が有るのは唐揚げ定食とカツ丼。
たまに見かける『中華料理屋のカツ丼』とは違うものがいただけるようです。

f:id:osugi_katsudon:20210226215544j:plain

見た目は玉子どじ後のせタイプのカツ丼。
テーブルの朱色と玉子の黄色、コントラストが映えますね。いい画です。
玉子とじは画像の通り、半熟トロトロ仕上げ。そして甘辛くて濃いめ味付け。
喜楽秘伝のタレで味付けしているようです。
揚げ色の濃いカツは肉厚薄めですが、サクサク食感。そしてこちらにも濃い味付けが。タレ味だけではなく、衣にも味が付けてあるのです。だから揚げ色が濃いという訳。
こいつは、ご飯が超ススム系ですな。ジャンクでクセになる味付けは私の好きな系統。
ボリュームはそれほどでもありませんが、カツ丼好きなら食べておきたい一杯ではないでしょうか。
毎週木曜日はお客様感謝デーで、カツ丼が50円お得になります!

f:id:osugi_katsudon:20210226215819j:plain

メニュー
カツ丼 780円 他

住所:名古屋市中川区小本本町1-58
電話番号:052-352-7781
営業時間:11:00~14:00 17:30~22:00
定休日:月曜日・木曜午後
駐車場:店舗前に有り

食事処どんぶり@新安城で みそカツ丼

名鉄新安城駅の南、前職時代によく訪問したINOAC安城事業所の近くにある食事処どんぶり。
店名からして、丼専門店かと思われがちですが、定食類も充実しています。

ランチタイムの訪問でしたが、会社員や地元の方々で賑わう大衆食堂、といった雰囲気です。

まぐろ山かけ丼、イカ丼の注文率高いように思いましたが、みそカツ丼を注文します。

f:id:osugi_katsudon:20210226220141j:plain

赤だしと漬物付きで提供され、カツの下には千切りキャベツが敷かれています。
以前どこかで見た情報ではもっと分厚いカツだったような気もしますが、それでも厚みがあり大判で、ボリュームのあるヴィジュアルです。

味噌だれは見た目ほどコッテリではありませんが、濃厚な旨みと甘さがあるもの。
揚げたてのカツは衣サクサク、お肉しっとり。肉質の良さが分かります。
普通盛りですが、ご飯の量も多く腹パンに。
良かったと思います。自家製ソースのソースカツ丼もキニナル!

f:id:osugi_katsudon:20210226220308j:plain

メニュー
みそカツ丼 850円 ソースカツ丼 850円

住所:愛知県安城市住吉町3-5-31
電話番号:0566-98-5085
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
定休日:日曜日
駐車場:店舗前共同P有